MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

きっかけは下心? ~メンターコーチとの出会い〜

”こうあるべき”なんてない。不透明な今を進んで行くために。


私たちを取り巻く環境は、不透明・不確実の度合いが深まるばかり。

ちょっとぐらい格好悪くても、信念や自信を持って前に進めるようになりたいと思いませんか?


生き方に正解を求めない

私はバブル期に就職しましたから、「上司の言う通りに頑張れば上に行ける」という正解シナリオがありました。

そして、その先に自己実現があるのだと。

当時の成功体験をもとに、”正解を求めよ” というオヤジさん達もいるわけです。

そう言っているオヤジたちにも、実は正解はわからなくなっています。

そんな時代だから、信念や自信を持った生き方を身につけることが、その先にある自己実現につながるヒントになると思っています。


メンターコーチの存在

30代にもなれば、仕事のスピードも量も増えてきます。

会社やお客様からは、さらにスピードと量を求められます。

私は39歳からアメリカに駐在したのですが、とにかく忙しい上に、小さい子供が3人いて、家族の面倒も必死のパッチでした。

さらに、「剣道始めてみよう」、「スペイン語を勉強しよう」、「ヨットに乗ってみたい」、「マーケティングの勉強をしたい」、とカオスなチャレンジを続けたものの、仕事も全てが打率(満足度)は1~2割程度でした。 ~カッコ悪ぃ〜(笑)。


ある時、スピーチで苦労をしているときに、スピーチのトレーナー(コーチ)をお願いした白人女性がいました。

彼女から、「コーチングで、あなたのチアリーダーになってあげる」と言われたものの、その意味は全くよく分かりませんでした(一方的な下心以外 ^^;)。

私は、コーチに色々教えてもらうことで「打率8割」を実現できると思っていたのですが、何度彼女に会っても、正解なんぞ、これっぽっちも教えてくれない・・・。

しかし、その後の私にどのような変化が起きたのか?

それは、「会話を通して、自信がついたこと」だったのです。

仕事やプライベートの話はたくさんしたけれど、スピーチのスキルを教えてくれたわけではない。

それなのに、私に「湧き上がる自信」がついた結果、私のスピーチ力は格段に上達しました。

そんなメンターコーチに出会えた私はラッキーでした。


あなたの「メンターコーチ」は誰ですか? 

アメリカでの体験は、もう20年ほど前になります。

あの時なぜコーチングで自信がついたのか。

私自身がコーチになった今、それが分かるようになりました。

不透明感が増す現在、上司でも家族でも友人でも、並走してくれる「メンターコーチ」がいる事はとても大切なことだと思います。

あなたの自信を引き出してくれる「メンターコーチ」は誰ですか?


( 森谷 均 メンターの詳細プロフィールページはこちら )



森谷 均
森谷 均

ノエビアの台湾法人、米国法人の社長を務める。その後、外資系化粧品会社の日本法人立ち上げなどに加わるなど化粧品業界で幅広く活動。若手リーダーの夢や目標に並走することに喜びを感じている。趣味は、居合道・剣道・映画鑑賞・日曜大工。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)