MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

千利休の教え − その3 −

「炭置くはたとへ習ひに背くとも湯のよくたぎる炭は炭なり」


「炭の置き方にも決まった手順があるが、それよりも湯がきちんと沸くように、状況に応じて置かれた炭こそが炭としての役割をもつ」

この句、まさにミッション(目的)の大事さを表しています。


ミッション(目的)が大事

皆さんがイメージするお茶は、茶筅でお茶をシャカシャカと点てる場面ではないでしょうか。もちろんその場面が主役となりますが、その前に炭を置いて湯を沸かしておくことが絶対条件となります。

この炭を置くというのも、決まった手順を何度も繰り返して稽古するものです。

しかし、この句では、手順に固執するよりも、湯がわくように炭を置く事が大事であると言っています。

なるほど、当たり前ですね。だって湯が沸かないと始まりませんよね。

手順にうるさい(?)茶道ですが、この句はあえて手順よりもミッションの大切さを教えています。

それだけ、強調したいという事ですね。


その会議のミッション(目的)は何?

例えば、あなたが開催した、その会議のミッション(目的)、つまり今日のゴールは何でしょうか?

あるいは、来週の商談のミッション(目的)は何でしょう、何が決まればいいですか? 合意の先は、あなたのミッション(目的)達成に近づいていますか?


その手順でいいの?

お茶の稽古で教わる手順は、四百年以上の歴史のうえに成立しているものですが、ミッション(目的)によっては、手順は変えてもいいと教えています。

ところで、あなたの仕事のそのやり方、手順を変えるとどうなります?

特に大きな成功体験などがあると、その手順が神聖なものになりがちです。ミッション(目的)の達成のためには、その手順を変えるのもありですよね。


ミッション(目的)の設定

もちろん、ミッション(目的)は、仕事だけではなく、生きていく上でも永遠の課題であったりしますね。

またミッション(目的)と一口にいっても、短期と長期では変わってくることもります。

本屋に行けば、ヒントを与えてくれる本がたくさん並んでいると思いますが、メンターに相談するのもお勧めです。ぜひ活用してみて下さいな。


( 倉地 修 メンターの詳細プロフィールはこちら )

倉地 修
倉地 修

コーチ・交渉学講座講師。大学卒業後、富士ゼロックス株式会社に入社し海外OEMビジネスのSCM担当となる。プリンター会社の設立でSCM領域の立ち上げ(国内外の商物流整備・SAP R3導入など)を担当。設立した会社へ出向し、外部生産委託(EMS)プロジェクトのSCM領域責任者として1年の半分は中国へ出張し、プロジェクトの立ち上げとビジネス確立に貢献。趣味は、旅行、アウトドア、茶道、妄想

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)