MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

緊急ではないけど重要なこと、大切にしていますか?

コロナ禍でも日々の仕事は変わりなく忙しく、リモートワークなど、むしろ部下とも上司ともこれまで以上にコミュニケーションが必要で、時間に追われているリーダーも多いのではないでしょうか?


時間の足りないあなたへ

先日のセッションで若きリーダーであるSさんから、「時間が足りません」「スタッフの成長をサポートすること、それがチーム力をあげること、理想のチームにすることと分かっているのに、課題に追われ取り組む時間も、そのために自身が学ぶ時間も取れないんです」というご相談がありました。

私もかつてマネージャーという役割の中で、日々の生活にON/OFFがなく、いつもONなんです、と豪語していた頃がありました。自分のまわりには「緊急で重要なこと」ばかりで、優先すべきはもちろん仕事、そしてより重要な優先事項に労力を集中させ、より広範囲な活動に注意を払う事ができている(恐ろしく忙しいけど)と思っている自分。それをこなしていくことがタイムマネジメントだと疑問も感じていませんでした。楽しもうとも思っていました。

「緊急でも重要でもないこと」に逃げ込んでいる点も一緒でした。例えば、おつきあいごとだったり、疲れてテレビをぼーっと観てしまったり・・一日が30時間あればいいのに、時間が足りない・・・と焦っている。いつの時代もリーダーが抱える課題には共通項があるものですね。


時間管理で優先すること

時間があったらどんなことをしたいのかをお聴きした後、尽きることなく起きる問題解決のために取り組んでいるSさんには、かつて私も目から鱗だった言葉をフィードバックしました。

 「時間管理で優先するのは、緊急ではないけど重要なこと、Sさんにとって大切と思うことです。それを優先してスケジュールしてみてはいかがですか? 緊急度の高いことは何があってもやりますよね」  

仕事人として時間管理はできていると自信を持っていたSさんにも、大きな気づきが生まれたようです。  

これは『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)だということもお伝えしましたが、緊急ではないけど重要なこと=自身にとって大切なこととして、仕事もプライベートもスケジュールを立てる時には優先して考えてみるというSさん。  

私は当時、勉強会や講演会の参加、資格の取得など、これまで後回しにしがちだったことを優先し、もちろん大好きなスノーボードや音楽を聴く時間も大切にしていきました。そうしていくうちに、「緊急だが重要でないこと」などのおつきあいごとに「 NO」と言えるようになっていました。Sさんからの今後のフィードバックも楽しみです。


まとめ

緊急で重要なことには、すぐに対応しちゃいますよね。

緊急ではないけど重要なこと=自身にとって大切なことは、自分の夢や成長に繋がったり、日々を充実させたりしてくれるのではないでしょうか。そのような気づきのお手伝いも、コーチ・メンターはさせていただきます。

田部井 茉里
田部井 茉里

1994年パタゴニア日本支社札幌ストアマネージャーとして札幌商圏にて2店舗の立ち上げに成功、2013年GCSにてコーチングを学び、問題解決、人財育成で成果を上げ、2018年マネージャーを退いた後も、エキスパート社員として地域において環境・社会問題にも取り組むとともに、社内外でコーチング・メンタリング個人セッションはもちろん、組織改革の分野においても活動を広げ、資質を活かした人財育成によるライフスタイルの実現を通してクライアントの成長をサポートしている。外資系企業における勤務が一番長く27年になるが、学生時代からカフェ経営に携わり、その後山と渓谷社skier編集部、経理部、Club Med サホロリゾートskiGO、同リゾートモルディブにてブティック勤務、山と渓谷社広告宣伝部を経て札幌移住と、多彩な仕事経験は現在の自身の財産であり、多様な方々にコーチング・メンタリング提供中。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)