MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

「自己主張する力」を身につける

コーチングの講師という仕事柄、私の元には、コーチングを「部下育成に役立てたい」とか「1on1ミーティングに活用したい」といったビジネスリーダーが毎月のようにいらっしゃいます。

今日のブログでは、そんなビジネスリーダー達が抱えるひとつの悩みについて取り上げてみたいと思います。


リーダーが抱えるコーチングとは異なる悩みとは?

私はコーチングの講座を開講していますので、学びに来られる方には、当然ながら「コーチングスキルを身につけたい」という根本的な目的があります。

言うまでもありませんが、ここで言うコーチングスキルとは、「認める」「聴く」「質問する」といった、相手の気づきを引き出し、行動を促すためのスキルのことを指します。

ところが、リーダーに求められる役割や責任からなのでしょうか、時折、「部下に対して自分の気持ちや要求を伝える時、どのような方法が適切か」といった質問を受けます。

特に現代は、伝え方次第でパワハラだ、モラハラだと訴えられかねない、リーダーにとっては受難の時代でもありますので、そのような質問があるのはごもっとものような気がします。


自己主張するための「アサーティブ」というスキル

そこで悩めるリーダー達にお伝えしたいのが、「アサーティブ」という自己主張するためのスキルです。

アサーティブとは、相手を尊重した上で、誠実に、率直に、対等に自分の気持ちや要求を伝えることです。

感情をそのままぶつけるのではなく、自分の気持ちを尊重しつつ、自分の主張をしっかりと伝える方法です。

アサーティブに伝える具体的方法のひとつに、「事実」→「感情」→「要求」→「結果」の順で伝えるというものがありますので、次にそれをご紹介したいと思います。


アサーティブに伝える具体的方法

例えば、営業成績は抜群でも、社内の経費精算に関しては杜撰なAさんがいたとします。結果として、Aさんは経理部門からの評判は良くありません。

あなたは、Aさんの上司として、「経費精算に関してきちんと処理してほしい」という旨をどのように伝えるべきでしょうか?

ここで、先の具体的方法に沿って、Aさんに伝えてみたいと思います。

<事実>

先日、経理課長から聞いたんだが、経費精算に遅れが出ているようだね。どうやらそれで、経理業務に支障が出ているようだ。


<感情>

このような事態になっているとは知らず、私も反省している。営業成績の良い君だけに、このようなことで評価が下がることが忍びない。


<要求>

外出続きで忙しいとは思うが、今後は必ず2日以内に処理をしてくれるかい。


<結果>

それができれば私から言うことは何もない。社内的も君の評価はさらに上がることだろうね。


まとめ

意外と思われるかもしれませんが、アサーティブに伝える具体的方法の中には、コーチングで学ぶところの「フィードバック」や「リクエスト」のスキルが効果的に用いられています。

ビジネスリーダーには、「効果的に引き出す」だけでなく「効果的に伝える」スキルも学べるコーチングスキルを身につけられることをお勧めします。

大石 典史
大石 典史
東証一部上場企業2社を含む4社で法人営業、コンサルタント職、人事総務等を経験。現在は、銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表、研修講師、パーソナルコーチを務める。国際コーチング連盟(ICF) 認定プロフェッショナルコーチ(PCC)。

Contact
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

ビジネス書とお酒の交流会
Book Bar for Leaders

オンラインで毎月開催中!

飲み会より真面目で、読書会より砕けている
無料のオンライン交流会です。

人気ブログ記事ランキング(月間)