MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

リーダーとして孤独感を感じるならば。

30代後半から40代にかけて責任が増えてくる中で、孤独感を感じながら仕事をしている人は少なくありません。私自身もその一人でした。


はじめてリーダーになった頃

35歳の時に、製品開発のリーダーを任されました。優秀な両腕がいて、計画を立てればしっかりと動いてくれるメンバーに恵まれていました。

チームビルディングを勉強し、ビジョンの設計とコミュニケーションによって、以前よりもスピード感を上げ、多くの製品を世に出すという成果をあげることができました。

今思えば、孤独感は全く感じていない時期でした。


成果を上げている中で感じる孤独感

孤独感を一番感じていたのは、自分の仕事によって会社の業績が大きく伸びた時期でした。

39歳で本社事業企画部門の課長になり、年齢の割に重要なポジションを与えられた私は、成長事業をなんとか軌道に乗せるために必死でした。

経営層や、各支社の一回りも年上の部長たちへの提言・展開など。その結果、業績はあがり、私と経営層や支社のメンバーとの間には強い信頼関係を築くことができました。が、部下との距離は、大きく開いてしまっていたように思います。

なぜだろうか?

経営層のリクエストに応えるため、仕事のスピードを上げようとする私。部下たちはそのスピードについてこれず、私は「自分でやるしかない」と思うようになり、私と部下たちとの距離は、どんどんと大きくなっていったのです。


コミュニケーションによる変化

44歳で営業部門を任された時には、自分の専門分野と異なる上に、メンバーとの面識は全くありませんでした。

その頃、コーチングに出会ったこともあり、部下の課長やメンバーと、定期的に二人で話す機会を設けるようにしました。

コミュニケーションを積極的にとっていたその頃は、営業成績という成果が現れてこない中であっても、「メンバー全員で取り組んでいる」という充実感を得ることができ、孤独感を感じることは全くありませんでした。業績は後からついてくるということも実感することができました。


変えられるのは自分だけ

この3つの経験からわかることは、「自分からコミュニケーションを取ろうとしていたかどうか」といくことです。

「メンバーに恵まれているか」とか「上席によく思われているかどうか」ではなく、その時に「目に見える仕事の成果があるかどうか」でもありません。原因はリーダーである自分の姿勢にあり、コミュニケーションを変えられるのも自分次第だということが分かりました。

ただ、30代後半から40代にかけて仕事の責任が増す中で、自分だけで全てを解決できるわけでもありません。

孤独感を感じながら仕事を続けている場合は、それを打ち明けられる相手(メンター)を見つけることをお勧めします。

その行動を起こせるかどうかも自分次第。メンバーの満足度はリーダーの満足度につながります。

自分を変えていくことで、あなたは孤独感から解放されるのです。


( 川上 信メンターの詳細プロフィールページはこちら )

川上 信
川上 信

財閥系企業で製品開発リーダーや、事業本部での企画課長、本社営業部門の営業マネジャーなどを務める。社内で1on1ミーティングを実施し、部下の課長職の著しい成長を実感。 趣味はアウトドアとガーデニング。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)