MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

謙虚さと素直さが育む自己成長

以前、某外資系企業で、事業部門の統括責任者を務めていた頃の経験です。

その頃の役割と責任の一つに、人財育成がありました。

自分の後継者を育てることは、業績を上げることと同じく、大事な仕事でした。


自分の意外な側面を見た経験 

私は社会に出てからも、自己顕示欲の塊でした。

公私共に、自分が中心。

今思うと恥ずかしく思うことがたくさんあります。

そんな私でしたが、事業部門の統括責任者としての事業運営に加え、人財育成、特に次代のリーダー育成は大事な仕事でした。

ある時、私のチームにいた次代のリーダーを期待する部下に、研修の機会を設けました。

責任者としての私が期待することを伝え、1年間に亘る上級ビジネス英語の研修が始まりました。

業務後に通学するハードな研修でしたが、意欲的に取り組み、また、表情がみるみる精悍に変化しました。

以前より仕事の質も上がり、成長していることはあきらか。嬉しかったです。

そんな姿を見て、素直に喜びを感じる私がいました。

「へー、俺ってこういうことに喜びを感じるのか?以前は自己顕示欲ばかりの私だったのに。」


反発する部下から学んだ、自己成長の壁  

彼から学んだことは、自分に求められていることや期待を素直に聴き、受け止め、自分ごととして取り込むことの大切さです。

一方、こんな部下とも仕事をしました。何を伝えても、アドバイスをしても、ろくに耳を貸さず、反発する人。

そして、うまく行かない仕事のことを全て他人や環境のせいにする。

私の目から見て、このような人は変わりません。

いや、変われないのでしょう。

なぜなら、アドバイスなどのきっかけを跳ね返し、自分の考えにしがみつくから。

私から見れば、見えないリミット(成長の壁)を自ら設定してしまっている、気の毒な人でした。

私の伝え方にも課題があったとは思いますが、それでも、変われるきっかけは日常にあるのになあと感じます。


まずは耳を傾け、受け止め、咀嚼して、自分で判断する

自分のことを振り返っても、40代頃までは自我が強く、人や社会に反発し、現実を受け止められないことがあります。

人の成長の過程にはそのような時期もありますし、自意識を高く持って生きることは大切だと思います。

こんな時に是非思い出したいのが、「謙虚さと素直さ」です。謙虚な姿勢や意識は、変化へ適用するための準備を促し、受け止める柔軟性をもたらします。

また、素直さは、人からの意見やアドバイスなどを受け入れ、考える機会をもたらします。

心理学で論理療法と呼ばれるものですが、出来事の受け止め方が、感情や行動に良くも悪くも影響をもたらすと言われています。

固定観念を外して、まずは聴いて、受け止め、自分なりに解釈して結論を導きませんか?

その結論は与えられたものではなく、あなたが導き出したものです。


江島 慈明 メンターの詳細プロフィールページはこちら )

江島 慈明
江島 慈明

石川島播磨重工業、ジョンソン・エンド・ジョンション、ファイザーなどを経て、現在は、現在は日系製薬企業にて、アジア諸国での新規事業創出、ライセンスビジネスモデルの構築に従事。GCS認定コーチ、日本メンタルヘルス協会 公認カウンセラー 趣味:サイクリング(週末60km超のサイクリングが楽しみ)、高校野球観戦(自身も高校野球経験者)

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)