MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

あなたが理想とするのは誰ですか?

私、経営者やビジネスパーソンのコーチやメンターとして活動していますが、実は、読者の皆さんと同じアラフォー世代。

つまり、プレイヤーとしてもリーダーとしても、結果を出すことを求められる世代の一人です。

そんな私が、リーダーとしての役割を担う際、必ず念頭に置く方々がいらっしゃいます。


その1 「守」 身近な先輩リーダーたち

私たちは、部下や後輩の立場で、数多くの先輩リーダーたちと仕事をする経験を積んできました。

まずはそういう方々の、素晴らしい!と思った点を意識的に取り入れ、残念…と思った点を反面教師にしています。

この時に大切にしているのは、「後輩の視点」。

後輩の立場でブーブー文句を言っていたのが、いざ自分がリーダーになると、逆に後輩に対してブーブー文句を言っていること、ありますよね笑

でも、私たち、「後輩」としては一人前ですが、「リーダー」としてはまだまだ半人前。

そういう時に頼りになるのは、「後輩」としての経験なはずです。


その2 「破」 さまざまな業界、世代のリーダーたち

次に、今度は「リーダーの視点」から、あらゆるリーダーたちの助言を取り入れます。

このときに参考になるのは、何も身近な先輩リーダーだけではありません。

私の場合、友人や知人はもちろんのこと、​

弁護士やコーチとして接するクライアント様、

一緒にコーチング・ブログを書く仲間や Biz Mentor の仲間

など、さまざまな業界や世代のリーダーたちの考え方も、大いに参考にしています。

リーダーとして結果を出すには、先輩に倣い、そして先輩を超えていかなければなりません。

そのためのヒントは、あらゆるところに転がっています。


その3 「離」 最後は、自分

こうして、あらゆるリーダーたちの長所をかき集めて作り上げた、理想の「リーダー像」

しかし、この理想像に無理やり自分を当てはめようとした結果、あなただけの個性が死んでしまっては、元も子もありません。

私たちの世代がリーダーになったからこそ、私たちにしかできない仕事、私たちにしか生み出せない成果があります。

これを実現するには、先人から受け継いだものを「守」り、「破」り、そして「離」れていくことが必要です。

そのため、最後に一番大切にしなければならないのは、やはり「自分」です。

ところが、コーチとして見ていると、理想とする「誰か」になろうとするあまり、「自分」を置き去りにしてしまっている方がとても多いように感じます。

「これって、もしや自分のこと…!?」と思った方、ぜひ、Biz Mentor のメンター陣に声をかけてみてください。

理想とする「誰か」ではなく、理想の「あなた」になるお手伝いをしてくださいますよ!


飯塚 予始子 メンターの詳細プロフィールページはこちら )

飯塚 予始子
飯塚 予始子

弁護士。東京大学大学院法学政治学研究科(法曹養成専攻)卒業後、日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ弁護士を経て、現在は弁護士法人 丸の内ソレイユ法律事務所に所属する。夫婦や親子の問題、相続・事業承継などの家事事件が専門。ハラスメント問題やコーチ・カウンセラー業界の法律問題、外国人問題なども数多く取り扱う。趣味は、寝ること、こたつに入ってみかんを食べながら海外ドラマを見ること。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)