MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

なぜ、メンターが必要なの?

私が、ビジネスパーソンの皆さんからコーチやメンターとしてご依頼いただくのは、意外にも、プライベートに関する悩みがきっかけになることが多かったりします。

仕事柄、そうしたお悩みを伺う機会が多い、というのもあると思います。

もっとも、皆さんがメンターを求める理由は、他にもあるようです。


プライベートが整うと、ビジネスも上手くいく!?

ビジネスが上手く回っている方の多くは、プライベートも充実しています。

パートナーや家族との時間を大切にしていたり、

没頭できる趣味を持っていたり、

逆に自分のためだけの時間を持つようにしていたり、

その充実のさせ方は、人それぞれ。

皆さんに共通しているのは、プライベートでパワーを蓄え、それをビジネスで思う存分爆発させる、そんなイメージです。


その一方で、プライベートに課題を抱えていると、仕事にも影響が出たり、上手く回っていたビジネスにブレーキがかかってしまうことがあるようです。


このようなサイクルに気づいた方は、ご自身の人生を公私共に「整える」という視点から、メンターをご依頼されています。


ヒントを求めて…

​経営者の方や異業種・異分野の方の中には、何かしらの「ヒント」を求めて、メンターをご依頼される方も多いです。

ここで、とある経営者の方から頂いた言葉が、とても印象に残っています。


「これまでの人生において、苦境に立たされたとき、

“いざとなったら、うちに来い!”と言って、精神的に支えてくれたのは、

家族や親しい友人たち。


でも、その困難を乗り越えるヒントをくれたのは、

そこまで親しい間柄でもなく、時折話をするぐらいの、少し距離のある人。」


メンターは、「ヒントをくれる、少し距離のある人」というわけです。


やはり最後は、信頼関係

プライベートに関するご相談は、皆さんの「心」に触れる機会が多くなります。

普段はどんなに冷静沈着な方でも、いざプライベートの問題を前にすると、感情をかき乱され、思うように判断できなくなることもしばしば。


メンターは、そんな「心」の声に耳を傾けながら、納得のいく解決を目指して一緒に伴走していきます。

そして、いつのまにか、皆さん以上に皆さんのことが分かる存在に…笑

こうして生まれた信頼関係を基に、ビジネスにおいても、その方ならではの切り口を求めて一緒に伴走するようになります。


さて、読者の皆さんが、「こんな時、メンターがいてくれたら…」と思うのは、どんな時ですか?

上記の皆さんの声なども参考にしながら、ご自身が必要なタイミングで、メンターを頼ってみてくださいね。


( 飯塚 予始子 メンターの詳細プロフィールページはこちら )

飯塚 予始子
飯塚 予始子

弁護士。東京大学大学院法学政治学研究科(法曹養成専攻)卒業後、日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ弁護士を経て、現在は弁護士法人 丸の内ソレイユ法律事務所に所属する。夫婦や親子の問題、相続・事業承継などの家事事件が専門。ハラスメント問題やコーチ・カウンセラー業界の法律問題、外国人問題なども数多く取り扱う。趣味は、寝ること、こたつに入ってみかんを食べながら海外ドラマを見ること。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)