MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

マウンティング部下に出会ったら…

先日、部下との接し方に悩むCさんからご相談を受けました。(なお、守秘義務の関係で、エピソードは大幅に修正しています。)​

彼女の部下は、自分より一回り以上年上のGさん。やる気はあるものの、自分なりの仕事のやり方を変えようとせず、会社の方針からずれてしまいます。

Cさんが指示や指導をしても、Gさんは一切聞く耳を持ちません。それどころか、自分のこれまでのキャリアを語り出し、Cさんにマウンティングする始末。


マウンティングし返してみたものの…

話を聞いてもらえず、マウンティングまでされたCさん。

つい感情的になり、Gさんには上から目線で話すことが増えてしまいました。

Gさんの話を一切遮り、指示や指導だけをするようになり…

Gさんと会話するときも、揚げ足をとるようになり…

学歴やこれまでの営業成績を持ち出して、マウンティングし返してみたり…

その結果、CさんとGさんの間で、“マウンティング合戦”に発展。

部下なので無視するわけにもいかず、どうしたものやらと困り果ててしまいました。


マウンティングする人の心理

​私は、Cさんに、次のようなお願いをしてみました。

Gさんはなぜマウンティングするのか、「Gさんの目線」で考えてみてください、と。

少し黙り込んだ後、Cさんから出てきたのは、次のような回答でした。

  • 自分はこれまで立派なキャリアを築いてきたんだ!、という自負がある…
  • 年上だから、若い人たちに負けるわけにはいかない…
  • 自分の意見やこれまでの経験が、周囲から認めてもらえない…
  • 誰にも弱みを見せられない…

一通り答えた後、Cさんはポロっとひと言。 

“そんなに肩肘を張らなくてもいいのに…”

あなたが話を聞く人は誰?

次に私は、Cさんに、次のような質問をしてみました。

Cさんは、なぜ私の意見を聞いてくれるのですか、と。

ここでCさんから出てきたのは、次のような回答でした。

  • これまでにもらった助言や知恵、経験談が、実際に役に立っているし…
  • ダメなことはダメとはっきり指摘される一方で、自分の成果も評価してくれるし…
  • これまでのやり取りから、尊敬も信頼もしているし…
  • 自分の話をちゃんと聞いてくれるし…

​一通り答えた後、Cさんがポロっとひと言。

“そうか…私は、Gさんの話を聞いていなかったかもしれない…”

Cさんの後日談

後日、Cさんに最近の様子を尋ねると、徐々に変化が表れている模様。


​Cさんは、Gさんのマウンティングを聞き流しつつ、その話に耳を傾けるようになったそうです。

もちろん、上司として言うべき時はNoと言う一方で、評価するときも口に出して褒めるようにしました。

その結果、Gさんのマウンティングが減り、Cさんの指示だけは聞くようになってきたそうです。


「マウンティング〇〇の対処法」は、コミュニケーションに関するご相談の中でも、非常によくあるテーマの1つ。

この例にもあるように、視点を様々に移動させることで、解決への糸口が見つかることがあります。

皆さんも、参考にしてみてくださいね。


( 飯塚 予始子 メンターの詳細プロフィールはこちら )

飯塚 予始子
飯塚 予始子

弁護士。東京大学大学院法学政治学研究科(法曹養成専攻)卒業後、日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ弁護士を経て、現在は弁護士法人 丸の内ソレイユ法律事務所に所属する。夫婦や親子の問題、相続・事業承継などの家事事件が専門。ハラスメント問題やコーチ・カウンセラー業界の法律問題、外国人問題なども数多く取り扱う。趣味は、寝ること、こたつに入ってみかんを食べながら海外ドラマを見ること。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)