MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

新しいリーダーへ、その経験を大切に

災禍の中で二度目の卯月を迎えています。

この時期、リーダーとして新たなスタートを迎える方も大勢いらっしゃることでしょう。

今回のブログで、そのようなあなたに応援メッセージを届けたいと思います。


ひと時の居心地の悪さもよい思い出に

この時期、事業所の責任者だった頃の私は、新たに課長に昇格する人たちと、対話会を欠かさず行っていました。リーダーとしての出発に向けて、激励の対話を大切にしていたのです。

就任日を迎えた新任課長たちは、周囲の視線をかなり気にしている様子。ある意味、ほほえましい光景でした。

そういう私も、「ひな壇」と呼ばれていた組織長のデスクに初めて座るときは、照れくささと居心地の悪さを感じたことを覚えています。 あの感覚は、きっと自信の無さから来ていたものなのでしょう。

その後の昇格では、もうそれを感じることはありませんでした。 反対に心地よい緊張感を感じていました。 その頃には、経験からくる自信が芽生えていたのでしょう。


ブレーキからアクセルに踏みかえよう

前述の対話会で、私は「新任課長は、就任の初日から自身のビジョン・ステイトメントを語れるように」と、彼らの背中をドンと押してやりました。

結果、多くの新任課長が、勇気をもってブレーキから足を離し、アクセルを踏んでくれたものです。

あなたをリーダーに任命した方々は、あなたに「変革」を期待しているのではないでしょうか。VUCA時代の今、「今まで通りで頼みます」などと言う任命者はいないと思いますよ。

その期待に応えるためにも、就任初日から遠慮することなくアクセル全開でいきましょう。きっと周囲の人たちも、変化への期待にワクワクしながら、あなたに共感すると思います。


そして、貴重な経験から学んでいこう

私も、様々な組織のリーダーを経験してきましたが、今になって考えると、「もっと上手くやれたのになぁ」と思う経験もあります。

社会人の成長の糧は、その7割が自身の経験からの学びであると言われています。 リーダーとしての様々な経験から学んでいく。

そのような学び方を習慣にしていくことが、成長への早道です。


まとめ

あなたのこれからのリーダーとしての経験は、次のステージでの自信に繋がります。

リーダーを務めることを貴重な機会と捉え、その日々の経験を学びに換え、次に生かしてください。

私たち Biz Mentor は、そのようなあなたを応援いたします。


( 松木 幹一郎 メンターの詳細プロフィールはこちら )





松木 幹一郎
松木 幹一郎

東証1部上場の電気機器メーカーにて、役員・理事などを歴任。現在は非常勤顧問として、組織開発の支援。新入社員時代は、営業担当として飛び込み営業から開始、若い頃は売れずに苦悩の毎日を過ごす。中間管理職時代では、徹底した新規顧客開拓により担当エリア内顧客シェア90%を獲得し、年間売上を300%にまで拡大、事業基盤を構築。現在は、組織開発の内部実践者としてオフサイトミーティングなどを実践。全国にファシリテーターを108名育成し、組織開発の礎を構築した。趣味は、サッカー、ウクレレ、カラオケ。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)