MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

千利休の教え − その6 − 聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥

誰もが知っていて意味も容易なことわざですが、新年度がスタートした今、利休の教えの一つとして改めて見てみよう。


「はじをすて人に物とひ習ふべし 是ぞ上手の基なりにける」

知らない事を恥ずかしいと思わないで、師匠に聞く事が上達には欠かせない 仕事をしていくうえでも、分からない事を聞くという事が、自身の為にも、組織のためにも有効であることは、異論は無いと思います。


素直に質問する事ができていますか?

聞く事が大事だという事は、百も承知。

まことに、その通り。その通りなのですが…。

あなたは、素直に質問する事が出来ていますか?

もし、躊躇するとしたらその理由は何でしょうか。

つまらない自尊心が邪魔している場合が無いでしょうか? あるいは、上司や先輩へ対する遠慮もあるのでは?

私の場合も遠慮してしまいがちで、タイミングを見計らう事に神経を使ったりと、質問するという行動に出るのは、なかなか難しいと感じます。


メンバーはあなたに質問してくれていますか?

同じように、自尊心が邪魔したりとか、あなたへの遠慮だったりで、質問したいけれど、質問出来なくて困っているメンバーがいるかもしれません。

場合によっては、メンバーの成長の機会を潰してしまっているかもしれません。

ぜひ、聞く(聴く)スキルを身に付けて、メンバーが質問しやすい環境造りを意識してみて下さい。


まとめ

あなたが質問する時も、メンバーがあなたに質問する時も、質問して答えを得る事は、目標としている事に一歩前進するという事です。

仕事以外でも、質問して答えを得る(助言を得る)という事は、成長への一歩となります。 ど

んどん質問していきましょう。


( 倉地 修 メンターの詳細プロフィールはこちら )

倉地 修
倉地 修

コーチ・交渉学講座講師。大学卒業後、富士ゼロックス株式会社に入社し海外OEMビジネスのSCM担当となる。プリンター会社の設立でSCM領域の立ち上げ(国内外の商物流整備・SAP R3導入など)を担当。設立した会社へ出向し、外部生産委託(EMS)プロジェクトのSCM領域責任者として1年の半分は中国へ出張し、プロジェクトの立ち上げとビジネス確立に貢献。趣味は、旅行、アウトドア、茶道、妄想

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)