MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

頭では分かっていても、体が動かないときは…

色んなご相談を受けていて、よく耳にするのが、 「頭では分かっているのに、体がなかなか動かなくて…」 というもの。

読者の皆さんの中にも、大きな課題にぶつかったり、深く思い悩むことがあったときに、同じような経験をされた方がいらっしゃるかもしれません。

そんな時、私が皆さんにおススメしている「3ステップ」があります。


【ステップ1】 まず、気づけ!

頭では分かっているのに、体が動かない… これは、あなたの心身がSOSを出しているサインです。

まずは、このサインに気づきましょう。 人間の意志の力は、私たちの想像以上に偉大です。

心身の状態に関わらず、意志の力だけで動けてしまうこともあります。

しかし、それでも体が動かないというのは、それだけ重症だということです。

まずは、この事実に気づきましょう。 そして、動かないものを、無理やり動かそうとしないこと。

ここで無理をすると、心身を蝕み、取り返しのつかないことにもなりかねません。

こういうときは、体を動かそうとするのではなく、頭の中にある

  • こうある「はず」なのに…
  • こうある「べき」なのに…
  • こうあら「ねばならない」のに…

からアプローチした方が、案外すんなりと事が進みます。


【ステップ2】 とにかく、吐き出せ!

頭の中にある「はず」「べき」「ねばならない」にアプローチするには、とにかく、頭の中にある全てを吐き出してください。 吐き出し方は、あなたに合った方法で構いません。

紙に書き出しても、パソコンで打ち出しても、誰かに聞いてもらうのでも良いです。

ただし、

  1. 思うがまま吐き出せること
  2. 後から整理できること

の2つの条件を満たしてください。

条件1は、あなたの中にある気持ちも、課題も、ぜーんぶごちゃまぜにして吐き出すことで、少しでも負荷を軽くすることが目的です。

条件2は、吐き出したものの中から、今の課題や問題がどこにあるかを冷静に見つめることが目的です。 これは、あなた自身がやってもいいし、余力がなければ、コーチやメンターなど誰かにやってもらっても構いません。


【ステップ3】 そして、休め!

最後に、私が一番重視しているのが、この「休め!」のステップです。

私、特技は「寝ること」、座右の銘は「なるようになる」なのですが。

これまでの経験上、私のみならず誰もが、大抵のことはなるようになります。

でも、なるようになるために唯一必要なのが、「元気(パワー)」です。

「体が資本」とはよく言ったもので、元気さえあれば、 全力で闘うことも、全力で逃げることも、なんだってできます。

だからこそ、とにかく休んで、元気を手に入れてください。

そして、もし、休むことすらできないぐらい、心身が蝕まれていたら… それはもう、医師や専門家の力を頼ってほしいレベルです。


まとめ

時々、休むことが怖い…という方がいらっしゃいます。

休む=止まることで、何かを失うような、全てが止まってしまうような、そんな気持ちに囚われてしまうようです。

でも、大丈夫。必ず、なるようになります。

だからこそ、まずは休んで、元気をつけてくださいね。

飯塚 予始子
飯塚 予始子

弁護士。東京大学大学院法学政治学研究科(法曹養成専攻)卒業後、日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ弁護士を経て、現在は弁護士法人 丸の内ソレイユ法律事務所に所属する。夫婦や親子の問題、相続・事業承継などの家事事件が専門。ハラスメント問題やコーチ・カウンセラー業界の法律問題、外国人問題なども数多く取り扱う。趣味は、寝ること、こたつに入ってみかんを食べながら海外ドラマを見ること。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)