MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

テレワーク時代、部下を動かす“切り札”とは?

「上司受難の時代」と言われる現代。

図らずとも上司になった(なってしまった)あなたは、部下をどのように動かせば良いのでしょうか?

今日のブログでは、そのヒントをご紹介したいと思います。


現代は上司受難の時代?

令和に入って3年目、現代は「上司受難の時代」と揶揄されるようになりました。

理由のひとつには、部下との関係性が挙げられます。

部下にかける言葉をひとつ間違えれば、すぐに「パワハラ」や「ブラック企業」と叫ばれてしまう始末。

これでは、組織の統率や部下に対する指示も慎重にならざるを得ません。

もっとも、これは、部下に原因があるというよりは、彼らを取り巻く環境が大きく物を言うのかもしれません。

法的な整備が進んだことや、転職しやすい社会環境が整ってきたことが、その背景にあるように感じています。


テレワークにおいて、部下をどのように動かすか?

そのような時代背景に追い打ちをかけるように、新型コロナウィルス感染拡大が収束を見せない現代において、仕事の形式はテレワーク主体という会社が増加傾向にあります。

当然のことながら、テレワークでは、部下とのオンラインによるコミュニケーションが欠かせません。

そのような状況下において、上司であるあなたは、部下にどのように指示を与え、動かせば良いのでしょうか?


部下を動かす“切り札”とは?

そこで今日は、上司であるあなたが、部下を動かす“切り札”とも言うべき効果的なコミュニケーション方法をご紹介したいと思います。

それは、コーチングのスキルでいう「リクエスト」のスキルを用いるということです。

「リクエスト」のスキルは、以下のような方法で行われます。

① 行動をストレートに要求する

行動をストレートかつ明確に要求することで、部下の行動に対する意識を瞬間的に高め、やる気を引き出します。ポイントとしては、「短く」「言い切る」ことを心掛けます。

例:「ぜひ、それをやってください!」「それをいつから実施しますか?」

② 行動を約束し、結果を報告してもらう

行動することをコミット(責任ある約束)してもらい、あとで行動の結果を報告してもらうことを事前に伝えておきます。

例:「実施した結果を次のミーティングで教えてください。」

  「その結果は、どのタイミングで知ることができますか?」

上記に加え、締めの言葉として、「大丈夫。●●さんならできるよ。」とか、「応援しているからね。」といった励ましや勇気づけを付け加えることで、その効果はさらに威力を増すことでしょう。


まとめ

今日ご紹介した「リクエスト」スキルは、部下を動かすためのコミュニケーションとして、シンプルながらも効果を出しやすい方法と言われています。

とはいえ、実際に活用する際には、決してスキル偏重にならず、まずは部下との間に「何でも話せる」信頼関係を築いておくことが望まれます。




大石典史メンターのコーチング・メンタリング体験セッション受付中 >> こちら

月額9,500円の継続コーチング・メンタリングサポート >> Biz Mentor Plus+

大石 典史
大石 典史

東証一部上場企業2社を含む4社で法人営業、コンサルタント職、人事総務等を経験。現在は、銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表、研修講師、パーソナルコーチを務める。国際コーチング連盟(ICF) 認定プロフェッショナルコーチ(PCC)。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)