MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

1on1ミーティングうまくいっていますか?

1on1ミーティングを実施したにもかかわらず、うまく機能しない、効果がないと感じるという相談を受けました。

本来は相互理解を深め、自身で考え行動する社員の育成のために実施されるはずの1on1ミーティングがうまくいかないのには、ミーティングそのものが信頼関係が築かれないまま・・・形だけのものになっているからのようです。

部下の成長を促進する1on1ミーティングについて模索してみました。


なぜ1on1ミーティングを実施するのか

「なぜ1on1ミーティングを実施するのか?」

その理由が現場に浸透していないと、1on1ミーティングが実施されただけという形だけにのものなってしまいます。

1on1ミーティングが企業経営において重要な施策であること、それを社員一人ひとりがしっかり理解する必要があります。

部下に1on1ミーティング実施し、その効果を求められている上司であるあなたは、経営者がなぜ1on1ミーティングを導入するのかを、自身の言葉で部下に伝えられなければなりません。

そして、ガイドラインの整備や、1on1ミーティングを実施する管理職向けの研修の実施も、必要であれば経営側に提案しましょう。

例えば、あなたは以下を理解し効果的に実践できるでしょうか?

  • 自社において1on1ミーティングがなぜ重要なのか自分の言葉で語ることができる
  • 1on1の進め方、部下と何を話せばいいのかわかっている
  • ティーチングとコーチングの違いを理解し使い分けることができる
  • 質の高いフィードバックのコツを知っている
  • 行動計画の立て方を知っている・・・など、

今後1on1ミーティングで部下を育成し目標を達成するなどの効果を、部下だけでなく経営側とも共有するのですから、充実した1 on 1が実施できるような環境も整えていきましょう。

そして心から部下の成長のために1on 1ミーティングを実施できるかどうか、自身で確認してミーティングに臨むことが大切です。


よくある失敗のパターン

1on1ミーティングでは、コーチングとティーチングの、両方のコミュニケーションをバランスよく用いることが重要になりますが、上司の方が経験豊富なので、ティーチング的なコミュニケーションに偏りがちになることも多いようです。

その場合、「話をちっとも聴いてもらえない」「否定ばかりされてしまう」「上司の成功談ばかり・・」というように、上司への不満が募ってしまう結果になりかねません。

また、1on1ミーティングを成功させようとするあまり、「こうあるべき」といった理想を追い求めすぎるケースもあります。

そうなると1on1ミーティングは、フリーなコミュニケーションの場でなくなります。

部下からさまざまな話題を引き出すためにも、部下が1on1ミーティングに楽しいイメージを持つことができる場づくりを心がけることも重要です。


部下が話したくなる1 on 1とは

それでは、部下が1on1ミーティングで話したくなる信頼関係はどのように築けばいいでしょうか?

その信頼関係を構築するには、相互理解がベースになりますが、そのためにまず上司が、「言いたくない」「出したくない」自身の情報を部下に開示するのが効果的です。


上司が自己開示する

部下が上司に対し心を開く

部下が本音を話すようになる

部下をより深いところで理解できるようになる


というステップが踏めるようになると、1on1ミーティングの成功率が高まります。

人は、ここだけの話や悩み事、失敗を打ち明けられると心を開き、相手との距離を縮めようとする習性があるようです。

特に、バリバリのリーダーからの失敗談は、相手の心を解かします。

上司であるあなたは、どのような情報を開示すると相手との距離が縮まるか「自己開示ネタ」をいくつか用意しておきましょう。

部下との距離がグッと近くなります。


まとめ

1on1ミーティング成功の方法を模索し、相互理解をして信頼を築き、部下の成長を促進すると必ず組織力は向上します。

ですが、それを信じて実施しても、部下が多様なように、うまくいかない理由も多様になってきています。

そのような時は、一つ一つの真因を探り、あなたとともに組織貢献を継続的にサポートする、Biz Mentor のメンター陣にご相談ください。

田部井 茉里
田部井 茉里
1994年パタゴニア日本支社札幌ストアマネージャーとして札幌商圏にて2店舗の立ち上げに成功、2013年GCSにてコーチングを学び、問題解決、人財育成で成果を上げ、2018年マネージャーを退いた後も、エキスパート社員として地域において環境・社会問題にも取り組むとともに、社内外でコーチング・メンタリング個人セッションはもちろん、組織改革の分野においても活動を広げ、資質を活かした人財育成によるライフスタイルの実現を通してクライアントの成長をサポートしている。外資系企業における勤務が一番長く27年になるが、学生時代からカフェ経営に携わり、その後山と渓谷社skier編集部、経理部、Club Med サホロリゾートskiGO、同リゾートモルディブにてブティック勤務、山と渓谷社広告宣伝部を経て札幌移住と、多彩な仕事経験は現在の自身の財産であり、多様な方々にコーチング・メンタリング提供中。

Contact
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

ビジネス書とお酒の交流会
Book Bar for Leaders

オンラインで毎月開催中!

飲み会より真面目で、読書会より砕けている
無料のオンライン交流会です。

人気ブログ記事ランキング(月間)