MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

ドラッカーの5つの質問

ドラッカーは、非常にシンプルな5つの質問を我々に投げかけた。 シンプルな質問であるからこそ答えにくい。

しかし、それを深く考えることにより、いまの組織がどのような状態か把握でき、将来に向けてのミッションとビジョンが見えてきた。


5年前、オフサイトミーティングで

会社のマネージャーが集まるオフサイトミーティング。

そこでグローバル本社が掲げた全社共通のミッションから、我々日本が、またその一つ一つの組織が、それをどう実現していくかを議論した。

ミーティングでは、「経営者に贈る5つの質問 The five most important questions.(ダイヤモンド社)」を使い議論を進め、部門毎に暫定ミッションを策定した。

その後、半年間継続して、これらの質問に向き合うことで、議論が深まり、我々は、何を実現したいのか、つまり部門のミッションが徐々にクリアになり、未来へのコミット、顧客へのコミットが明確になった。


ドラッカーの5つの質問とは

  • 第1の質問:「われわれのミッションは何か?」
  • 第2の質問:「われわれの顧客は誰か?」
  • 第3の質問:「顧客にとっての価値は何か?」
  • 第4の質問:「われわれにとっての成果は何か?」
  • 第5の質問:「われわれの計画は何か?」

これら5つの質問の主語は、「われわれ」である。

つまり、社長や部門長が考え、答えを共有するので無く、すべての人が、同じ土俵の上で取り組むことを意味している。


われわれのミッションは何か?

私たちはこの議論を通し、ミッションとは、われわれは何を、何のために行うのか、その組織の存在理由は何か、それらをシンプルに表現するもの、目的のみを規定し手段は規定しない、と言う結論にたどり着いた。

そして私たちも、非常にシンプルな言葉で、私たちのミッションを表すことに成功した。

その後、一度の改版を行い、初回の策定以来5年間、部門の中に浸透し続けている。

例えば、国際赤十字のミッションは「弱者への奉仕」。

極めてシンプルだが、赤十字のすべての活動と将来のありたい姿が、この言葉の中に凝縮されている。

私たちのミッションも、こんな感じた。


ミッションを具現化するビジョン

ビジョンは、こうありたいと言う未来の姿。

ミッションは目的や存在意義を規定しているのに対し、ビジョンは、時間を区切り、ありたい姿を明確にするものである。

前出の国際赤十字であれば、「弱者への奉仕」を、どのように実現していくか。

例えば、紛争や災害時の救援活動や防災活動などにおいて、いつまでに何をどのように実現するのかを定義している。

ミッションとビジョンが具現化されると、誰もの同じ旗の元、同じ方向で進むことができる。

我々にとって、羅針盤のような存在だ。


まとめ

まだ第1の質問「われわれのミッションは何か?」しか触れていないが、1から5の質問を繰り返し考え抜くことで、ミッションに深みが増してくる。

我々の顧客は誰かを見極め、その顧客にとっての価値、そして何をもって成果とするかかが明らかになってくると、いま行っていること、行っている理由、これから行うべきことがクリアに見えてくる。

組織の大小に関わらず、組織のリーダーであれば、自らのチームを引っ張っていく上でも、この5つの質問に皆で取り組んでもらいたい。

鈴木 淳也
鈴木 淳也

日系電機メーカーでハードディスクの電子回路設計エンジニアとしてスタート。その後米系大手コンピューターメーカーCompaq(現HP)で、国際調達、品質管理部門を経て、世の中の常識にチャレンジ、他社が海外に生産を移す中、日本でのPC製造を立ち上げる。その後守備範囲を製造からサプライチェーンに広げ、計画、調達、製造、受注、物流と製品供給のすべてに関わる。HP、Appleを経て、2010年に外資系医療機器メーカ(Becton Dickinson)に転職し現在に至る。  2019年9月、銀座コーチングスクールにてコーチ認定を、2020年12月キャリアコンサルタントの資格を得る。2020年8月、ホライズンを立ち上げ、兼業コーチとして、実務と現場に寄り添ったコーチとして稼働中。趣味:アマチュア無線、神社巡り

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

ビジネス書とお酒の交流会
Book Bar for Leaders

オンラインで毎月開催中!

飲み会より真面目で、読書会より砕けている
無料のオンライン交流会です。

人気ブログ記事ランキング(月間)