MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

あなたが理想とするチームは、意外なところに転がっている…

先日、継続的にフォローしているDさんとセッションをしていて、とても面白い“気づき”がありました。

現在は個人事業主として活躍しているDさん。行く行くは法人を立ち上げる予定です。

最近では、法人を立ち上げた後、具体的にどんな組織・チームを作りたいか、定期的に考え、言葉にして、掘り下げ…という作業に、一緒に取り組んでいました。

Dさんはもちろん、メンターの私も、“え、こんなところに答えが!?”と驚いたので、皆さんにもシェアしたいと思います。


自分の中の「答え」が、なかなか見つからない…

Dさんは、これまで色んな組織・チームに所属した後、個人事業主として独立しました。

今でも十分に活躍していますが、様々な思いから、法人を立ち上げることを考え始めました。

しかし、いざ、自分で組織・チームを作ろうと考えても、

  • これまで所属してきた組織・チームの悪いところに目が行ってしまったり…
  • 自分は“一匹狼”タイプなのかもしれない、と思ってみたり…
  • 組織・チームとして団結するよりは、個の緩やかな繋がりでいいんじゃないかと思ったり…

など、どちらかというと、組織・チームに対して消極的なイメージから抜け出すことができないでいました。

とはいえ、それでも頭の片隅には、

「「自分が理想とする組織・チームは、一体どういうものなんだろう?」

という思いがあったDさん。

セッションの中でも、テーマとして定期的に取り上げ、一緒に掘り下げる作業を続けていました。


無意識のレベルにあった「答え」

そんなある日、セッションの冒頭から、

「自分はこういう組織・チームが作りたい!っていうのが、ようやく見えたんです!!!」

と、とても興奮した様子で話し始めました。

それは、これまでの“一匹狼”のイメージとは真逆の、

  • 同じ思いを共有し、異なる強みを持つ仲間4、5人で…
  • 後輩も育てていきながら…
  • みんなでワイワイ楽しく議論がし合える…

というように、これまでのDさんからは出てこなかったようなワードが、ポンポンと飛び出しました。

なぜ突然、この「答え」が見つかったのでしょうか? Dさん曰く、とある休日、昼食後にうたた寝をしていたときのこと。

夢の中で、自分は、理想とする組織・チームを作り上げていたのだそうです。

それは、これまで自分が所属した組織・チームの良い所が詰まったものでした。

そして、起床した後、 “あぁ、自分はこんな組織・チームが作りたかったんだ!” と、腑に落ちたのだそうです。


「答え」を見つけることを諦めない

Dさんの無意識レベルにあった「答え」は、夢という形で表れました。

Dさん曰く、自分が理想とするチームを見つけることを、諦めなかったからだと言います。

あなたが理想とするチームも、意外なところに転がっているのかもしれませんね。



飯塚 予始子
飯塚 予始子
弁護士。東京大学大学院法学政治学研究科(法曹養成専攻)卒業後、日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ弁護士を経て、現在は弁護士法人 丸の内ソレイユ法律事務所に所属する。夫婦や親子の問題、相続・事業承継などの家事事件が専門。ハラスメント問題やコーチ・カウンセラー業界の法律問題、外国人問題なども数多く取り扱う。趣味は、寝ること、こたつに入ってみかんを食べながら海外ドラマを見ること。

Contact
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

ビジネス書とお酒の交流会
Book Bar for Leaders

オンラインで毎月開催中!

飲み会より真面目で、読書会より砕けている
無料のオンライン交流会です。

人気ブログ記事ランキング(月間)