MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

あなたのメンターは、誰ですか?

先日、顧問先の会社の社長さんとランチミーティングをしていたときのこと。

突如、社長さんから次のような質問を投げかけられました。

「先生には、メンターっているんですか?」

私、これまで色んな方を見て、その人の素敵なところを取り入れようとすることはあったものの、「メンター」と呼べる特定の方はいませんでした。

そこで、正直にその旨を伝えると、社長さんは、ご自身の「メンター」について話してくださいました。


一から全てを教えてくれた人

その昔、会社を継ぐために、社長さんは父親の会社に入社しました。

しかし、それまで勤めていた会社と、業界も業種も全く異なるため、経営者として一から勉強する毎日だったそうです。

そんなとき、同業他社を経営していた「メンター」に出会いました。

メンターは、何も分からない社長さんに、帳簿の読み方から従業員との接し方まで、手取り足取り教えてくれました。

社長さんと同世代の経営者らに声をかけ、勉強会を開いたり、人脈を築くきっかけも与えてくれました。

父親のやり方には、反発したり疑問を抱いたりすることがあったものの、「メンター」の言葉には、素直に耳を傾けることができたそうです。

そう、社長さんにとって「メンター」は、一から全てを教えてくれた人、でした。


ビジネスの厳しさを、身をもって示してくれた人

しかし、この方が社長さんにとって「メンター」になった理由は、これだけではありませんでした。

「メンター」は、社長さんにだけでなく、色んな人に手を差し伸べるとても優しい人でした。
そして、困っている人から頼まれると、嫌とは言えない、断れない、という弱さもありました。
この弱さに付け込まれて、借金の肩代わりをしたり、二束三文の不動産をつかまされたりしたこともあったそうです。
そして、最終的には、この弱さが原因でご自身の会社の不動産も手放さざるを得なくなり、「メンター」は倒産してしまいました。

それでも、嘆くことなく、最後まで笑っていたのが印象に残っているそうです。

そう、社長さんにとって「メンター」は、ビジネスの厳しさを身をもって示してくれた、反面教師でもありました。


「メンター」の魅力

「メンター」というと、私の中では、“模範になる人”という固定観念がありました。

しかし、社長さんのお話によると、「メンター」の魅力は、必ずしもそれだけにとどまるものではないようです。

長所も、短所も、その人らしさすべてが、誰かの「メンター」になるのですね。

さぁ、あなたのメンターは、誰ですか?



飯塚 予始子
飯塚 予始子
弁護士。東京大学大学院法学政治学研究科(法曹養成専攻)卒業後、日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ弁護士を経て、現在は弁護士法人 丸の内ソレイユ法律事務所に所属する。夫婦や親子の問題、相続・事業承継などの家事事件が専門。ハラスメント問題やコーチ・カウンセラー業界の法律問題、外国人問題なども数多く取り扱う。趣味は、寝ること、こたつに入ってみかんを食べながら海外ドラマを見ること。

Contact
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

ビジネス書とお酒の交流会
Book Bar for Leaders

オンラインで毎月開催中!

飲み会より真面目で、読書会より砕けている
無料のオンライン交流会です。

人気ブログ記事ランキング(月間)