MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

多面的な視点で「質問力」を鍛える

職場ではもちろん家庭において、我々が何気なく使っている「質問」。

その質問を創り出す力、いわゆる「質問力」を鍛えることには色々な利点があります。

たかが質問、されど質問。今回は「質問力」について考えてみます。


「質問」する目的とその効果とは?

そもそも我々はなぜ、質問をするのでしょうか?

自分が疑問に感じた時、不明な点を相手に尋ねるのが一般的な質問です。これは質問者、すなわち自分のための質問です。

また相手に気付いてもらうことで、行動を引き出すことを意図した質問もあります。これは相手のための質問ということになります。

そして、自分も相手も答えを持っていない、もしくは答えが漠然としている時もあります。一方、思考が堂々巡りをしていて、発想に行き詰まるという経験もお持ちでしょう。

そのような時に立てる「問い」は、今後の行動や将来に焦点を当てた「課題」と言えると思います。そして課題とは、自分や相手が置かれた環境や状況に由来するものなので、Googleでは検索できないもの! 

自らの力で問いを立て、そして自らの力で最適解を常に探し続けることが求められます。


質問とは「課題設定」である

皆さんは職場のリーダーとして、例えば中長期計画を策定したり、来年度の予算を検討する機会があると思います。

その際、「5年後の社会情勢はどうなっているだろうか?」とか、「1年後の経済状況は、今とどのように異なっているだろうか?」などを自らに問うと思います。

これこそ将に自分にも相手にも「正解のない問い」です。 この種の問いかけには、自分と相手とで協力しながら答え見つける、探し続けることを促す効果があります。

取り巻く環境がこれだけ目まぐるしく変化する時代は、これまで無かったように感じます。

従って自分たちで、自分たちへの「問いを立てる」ことで自らの「課題」を見つけ出し、その答えを探し続けるという心掛けが、今の時代には非常に重要だと考えられます。


「質問力」は多面的視点で磨かれる

では、自分たちの行動や将来を探求させる質問とは、どういうものであったら良いのでしょうか? 

答えというものは「問いかけ」から導かれるので、得られる答えの質や内容は、問いかけ自体の内容や質に依存すると想像されます。

従って、特に今後の行動や将来に焦点を当てる問いは、品質の高い、「良い質問」でありたいです。 では、良い質問とはどういうものでしょうか? 

VUCAの時代と言われ、そもそも何を以って「良い・悪い」、「正解・不正解」を判断するのか、それ自体が非常に難しくなっています。

また、変化が激しいために、正解がころころ変化するという側面もあります。このような時代においてこそ我々が持ちたいのは、物事を「多面的に見る視点」です。

この視点は問いを立てるスキル、つまり「質問力」を磨くことで培われると考えられます。

質問を創り出す上で活用したい「多面的な視点」とは、例えば以下のような切り口です。

(1)仮定の立場を採る

  • 制約条件を外してみる「お金の制約が無かったら、何を目指すか?」
  • 制約条件を付けてみる「3ヶ月で成果を出すとしたら、何から手を付けるか?」

(2)時間軸を変化させる

  • 視点を将来から現在へ「10年後の世の中を想像したら、今、何をすべきか?」
  • 視点を過去から現在へ「過去の成功経験を今、どう活用できるのか?」
  • 短期的・長期的など時間軸の長短を変える


まとめ・教訓

これまでの論点をキーワードで簡単にまとめてみると、以下の通りです。

  • 「VUCAの時代」では、自らの課題を自ら見つけ、答えを探求し続けることが必要。
  • 「質問力=課題設定力」、従って質問力を向上させたい。
  • 「多面的視点」を持つことで質問力を磨くことができる。

多面的視点を持つためには、日頃からの心掛けが大切です。

例えば、職場で日々遭遇するトラブルは、つい目先の解決を目指しがちです。しかし時間軸を変えて、「長期的な視点に立つとすれば、根本的な解決策は何か?」と問いてみる。

このような思考トレーニングに取り組んでみることをお勧めします。

いかがでしたでしょうか? もし、ご自身の課題の設定や正解の探求に窮したら、メンターと一緒に考えてみませんか?

砂村 義雄
砂村 義雄
上智大学経済学部卒。外資系大手企業などで財務経理本部長などを歴任し独立。 経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチング、及び企業向けにコーチングとコンサルティングを掛け合わせた「協業型コンサルティング」を提供。また「1on1ミーティング」導入支援や管理職研修を通じて、組織開発・企業風土改革のプロジェクトを展開中。名古屋商科大学大学院 経営学修士(MBA)取得

Contact
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

ビジネス書とお酒の交流会
Book Bar for Leaders

オンラインで毎月開催中!

飲み会より真面目で、読書会より砕けている
無料のオンライン交流会です。

人気ブログ記事ランキング(月間)