MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

上司の1on1に満足できない場合の対処法

企業の1on1の推進・定着をサポートする中で、「私の上司は、本来の1on1の意味を分かっていない」とか、「上司の1on1の進め方が上手ではない」のほか、「そのような上司との1on1に、どのように向き合えば良いのか」との不満の声が聞こえてくることがあります。

今回のブログでは、その様な場合の対処法について考えてみたいと思います。


「1on1」が持つ2つの意味

そもそも「1on1」が何かと言えば、大きく2つに大別できます。

1つは、言葉の通り1対1の関係のことを言い、バスケットボールなどのスポーツでも使用されている言葉です。

もう一つは、組織などで行われている、いわゆる「1on1ミーティング」のことを指します。この1on1は、上司と部下が行う定期的な面談のことであり、部下の仕事やプライベートなどの話題(テーマ)を扱います。特筆すべきことは、「部下を主体とした場」であり、話したいテーマや話の進め方などは、部下の希望どおりに行うことが基本となるのです。

一般的に、ビジネス社会における「1on1」とは、後者の意味であることは、ネット検索などをしてみると、すぐにお分かりいただけるでしょう。


なぜ、問題が起こるのか?

しかし、「1on1=1対1で行う面談」と前者の意味でのみ捉えている管理職はまだまだ多く、上司から一方的に話すだけになっていたり、双方向の会話になっていたとしても「単なる雑談」レベルになっている1on1は多いようです。

後者の意味を知っている部下からしてみれば、「今の上司と行っているのは本来の1on1ではない」「1on1の時間を無駄に感じる」との不満の声が出るのは、当然のことでしょう。

トランプで言えば、同じ1対1のカードゲームであっても、上司は「スピード」を、部下は「神経衰弱」のゲームをやろうとしているようなものですから、当然うまくいくわけがありません。


上司の1on1に満足できないときの解決策

上述のような問題点に対して、どのように対処すれば良いのでしょうか。

1つは、「1on1」について誤った理解をしている上司に、本来の1on1を知り、効果が出るようになるための研修を行う必要があるでしょう。これは部下がどうこうできるものではなく、会社として取り組む必要があるものです。(末尾ご参照)

では、部下の立場でできることは何でしょうか?

1つは、1on1の冒頭や実施前に、次のように上司に伝えてみることです。

「次の(今日の)1on1では、◯◯について話をしたいと思っています。◯◯さん(上司)には、〜〜のようにしていただきたいのですが、お願いできますか?」

このように上司に要望を伝えることで、少なからず、1on1は改善されるでしょう。「いやいや、うちの上司にはそんなこと通用しないよ…」という方もいるようですね…^^;

もう一つの方法は、自分自身の「セルフコーチング」の力を高めることです。


「セルフコーチング」とは何か?

セルフコーチングとは、文字通り、自分をコーチングすることですが、別の言い方をすれば、自分自身の「自問自答」の質を高め、「自分自身が最高の相談相手になること」に役立つものです。

上司との1on1の中で、話の流れや上司の言葉などをヒントにして、例えば、「この問題を解決するためにどんな工夫ができるだろうか?」「尊敬する◯◯さんだったら、どのように考えるだろうか?」などと、自分なりに自分に問いかけてみる。そして、答えを探し、行動に結びつけてみる。

なんでも前向きに取り組もうとするあなたであれば、それができるはずです。

セルフコーチングには、おさえるべきポイント・コツがあります。ご興味がありましたら、拙著「一瞬で自分を変えるセルフコーチング 〜最高の「気づき」を得る、自問自答の技術〜」をご参考ください。きっと、お役に立てると思います。


まとめ

今回のブログでは、上司の1on1に満足できない場合の対処方法についてご紹介しました。ポイントをまとめると、

・1on1の開始前や開始時に、自分の希望(話題・進め方など)を上司に伝える。
・セルフコーチング力を高め、1on1の中や1on1以外で、自分に良質な質問を投げかける。

BIzMentor / JRLA では、1on1本来の効果を生み出すための総合研修プログラム「1on1実践トレーニング」をご提供しています。「1on1を導入したが、うまくいっていない」という人材育成ご担当者の声にお応えしていますので、お気軽にお問合せください。


一瞬で自分を変えるセルフコーチング: 最高の「気づき」を得る、自問自答の技術 (単行本) | 林 英利 | 本 | 通販 | Amazon


林 英利
林 英利
大和ハウス工業(株)、トヨタ自動車(株)などを経て、プロフェッショナル・コーチ、研修講師として独立。その後、銀座コーチングスクール代表を務め、2019年に(一社) 日本リレーショナルリーダーシップ協会(JRLA)を設立し代表理事に就任。2020年秋より「Biz Mentor」事業をスタート。元 国際コーチング連盟(ICF)日本支部 顧問・ICF 認定プロフェッショナルコーチ(PCC)趣味は、楽器演奏(ギター・ドラム)、4歳の孫と遊ぶこと。 ◎著書:一瞬で自分を変えるセルフコーチング(三笠書房)

Contact
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

ビジネス書とお酒の交流会
Book Bar for Leaders

オンラインで毎月開催中!

飲み会より真面目で、読書会より砕けている
無料のオンライン交流会です。

人気ブログ記事ランキング(月間)