MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

一生忘れられない、上司の「ひとこと」とは

何十年も経っているのに、いまも忘れないあのひとこと。 それは、素晴らしい上司たちによってもたらされました。

自分の人生を救ってくれた、可能性を広げてくれた。そういう至極のひとことを、ご紹介します。


「ほかの仕事しなよ」

「君、なかなかやるねぇ」

31歳の時、前社長から言われました。

ある仕事の原稿を見ていただいた時のことです。

この時、初めて褒められました。

2カ月前くらいには、たいへん厳しいご指摘もいただいたので、嬉しかったというより安心しました。

これ以来、ときどき部屋に呼んでいただくようになりました。

もっとも、このセリフの前には、「君、ぼーっとしてるかと思ってたけど」という枕詞もついていました(汗)。


「吉森君さ、人事の仕事が上手なのはもうよく分かったから、ほかの仕事しなよ。」

40歳くらい。課長から部長になるころだったでしょうか。

ほぼ人事一筋という感じだったし、これからもそうだと思っていました。

いささか驚きの言葉でしたが、自分の視野と可能性をぐっと広げていただいた一言でした。


「あれ、君たちが考えてやったの? 本社じゃなくて? そうか~、よかったよ!よかった!」

以前のブログにも書きましたが、事業所での表彰式を責任者に事前の報告もなく、がらっと変えてしまった後で、その責任者に呼ばれて。

「聞いてないよ」と叱られるかもしれないと思ったのに、報告がなかったことには触れもせずに、内容だけを評価してもらえました。

懐の広い方でした。


「僕がついていくから」

「俺にこうしてほしいと思っていること、あるだろ」

どうしようかなと思いましたが、「額に入れて部屋に置いといてくれ」と言われるので、「傾聴」と印刷してその方の部屋に置きました。

大変に厳しい方でしたが、実は自分にも厳しく、そして大きなあたたかさのある方でした。


「謝るの上手だねぇ」

上司から社長あてにお詫び(と釈明)のメールを出していただかないといけなくなった時のこと。

私が書いたそのメールの案を見られて。

こちらが申し訳ないと感じているときに、「謝り慣れてるんだな」とか、笑いながらこういうことを言われると、この人のために頑張ろうという気になりますよ。


「きょうはね、吉森君の仕事ぶりを見に来たのですよ」

これも前社長の話。

私が本社から工場に転勤して3か月後くらいに出張して来られました。

お昼ご飯の時に、こう言われました。

もちろん、忙しい人が私のために来られることはないわけですが、「気にかけていただいている」ことが心に沁みました。


「(私のよくない言動を指摘して)もうやめろよ。僕がついていくからこれから謝りに行こう」

これは会社の上司ではないのですが、恩人です。

人として助けられました。

言いにくいだろうのにはっきり指摘していただきました。

また注意はしても、一緒に謝りに行ってくださる方って、まずおられないように思います。


まとめ

上司の役割は難しいものではあります。

しかし、部下が一生忘れられない「ひとこと」を通じてそのひとに大きな財産を残せる存在でもあります。

読者であるリーダーの皆さん、ネクストリーダーの皆さんのご参考になれば幸いです。


( 吉森 浩一 メンターの詳細プロフィールはこちら )



吉森 浩一
吉森 浩一

パナソニックグループでビジネスキャリアをスタートし、その後、大企業など4社で人事部長を務める。自ら企画したアフターファイブの社内勉強会にはいつも数十名が参加。趣味は、卓球・ゴルフ・読書・妻とのウォーキング。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)