MENTOR'S BLOG
ブログ詳細

catch-img

最高のパートナーは"自分自身"

いつもBiz Mentorのブログを読んで頂き、ありがとうございます。

前回(謙虚さと素直さが育む自己成長)に引き続き、自己肯定感についてお伝えします。

今更言うまでもなく、コロナ禍は私たちの生活や行動を制限し、閉塞感に満ちた生活を強いています。

そうすると、自分自身の足りないところやダメなところに目が向き、不安感を掻き立て、焦燥感を抱くようになります。

ここで考えてみませんか?

不安を感じるのは、コロナ禍で環境が変わったからでしょうか?


本能としての“集団欲”と向き合う!

心理学によると、私たちの行動は、感情をコントロールできる「意識(理性)」と、感情をコントロールできない「無意識(潜在意識)」に分かれるそうです。

この「無意識」は、私たちの行動や言動の90%以上を支配する、強烈な引力を持つ潜在意識だそうです。

そして、この「無意識」が司る本能の一つに“集団欲”があり、「誰かと仲間でいたい。仲間に認められたい。」と言った、集団に属したいと言う欲求を、無意識的に抱くのです。

ここで考えたいのは、この“集団に属する欲求”について。

見方を変えると他者から評価で、自分自身を判断する。誰かの判断基準に委ね、認められようと努力することと言えます。

自分自身の評価を、他者の基準(目線)に預けてしまうのです。

怖いことに、往々にして他者からの評価にギャップを感じ、心身症を患うこともあるようです。


自分自身を味方につける!

では、なぜ私たちは他者からの評価を基準に置くのでしょうか?

恐らく、自分自身に自信を持てていないからだろうと思います。

自分に自信が持てず、自己の確立ができていないと、他者から認められることで自己の存在を確認します。

時にそれは、誰か別の人の人生を生きる、本来の自分とは違う偶像のようかもしれません。

それでも、人は誰かに認めて欲しい。仲間だと思って欲しい。そんな欲求(集団欲)があるのです。

私たちは、このような集団欲求を無意識に抱き、行動しています。

確かに、社会では組織や他者から評価されます。

これは、社会構造上、仕方のないことでしょう。

でも、絶対的に味方になり、応援してくれる人がいますね。

そう、自分自身です! だから、自分にはどんなことがあっても、最強の味方が付いていることを信じましょう。

一方、自分こそは自分自身の、絶対的な味方でいましょう。

辛くても頑張っている自分を応援してあげましょう。自分と自分の最強のタッグペアを組むのです!


恩師からの喝!今でも大事にしているメッセージ

私が大学4年生の時、事業家の恩師から頂いた言葉があります。

就職活動をしていた私は、どうしても入りたかった第一志望の会社に落ち、この世の終わりのような、絶望的な気持ちでいました。

そんな時、その恩師から喝を入れられました。

「大事なのは名刺から会社名と肩書きを取っても、自分の名前だけで飯を食って行けるようになること」。

これは心に刺さりました。

今思い返しても、自分自身に評価基準を合わせた「意識(理性)」的な教えで、今でも思い出す有難いメッセージです。


まとめ

コロナ禍では、良くも悪くも自分と向き合う機会が増えますね。

どうせなら、この機会をプラスに捉え、あなたにとってのかけがえのない判断基準(目線)を確認しませんか?

人生のオーナーシップは、自分自身が執る。私たちメンターが、そんなお手伝いできるかもしれません。

誰かにとってのThe bestではなく、あなたにとってのMy bestを見つけましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


( 江島 慈明 メンターの詳細プロフィールはこちら  )

江島 慈明
江島 慈明

石川島播磨重工業、ジョンソン・エンド・ジョンション、ファイザーなどを経て、現在は、現在は日系製薬企業にて、アジア諸国での新規事業創出、ライセンスビジネスモデルの構築に従事。GCS認定コーチ、日本メンタルヘルス協会 公認カウンセラー 趣味:サイクリング(週末60km超のサイクリングが楽しみ)、高校野球観戦(自身も高校野球経験者)

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
03-6884-7730
平日 9:00-18:00

「一緒に働きたい」と
言われるリーダーづくり。


Biz Mentorメール会員募集中!

最新ブログやイベント情報をメールでお届けしています。

人気記事ランキング(月間)